健康のために心がけているのは歩くこと

いつまでも健康で元気でいるために、心がけていることが歩く時間を作ることです。

特に用事がない限り、家の中で過ごすことが多く、殆ど歩かない日が続いていました。歩かない状態が続き、気づいたことは以前と比べて体力が落ちてきたこと、そして便秘が起きやすくなったことです。中でも、深刻な悩みとなったのが便秘です。

便秘の原因は様々で、食生活の方に原因があることも少なくありません。そのため、なるべく食物繊維が多い食事を心がけるなどできる対策をしました。それでも、思うように改善せず、そこで行き当たった原因が運動不足でした。

運動不足もまた便秘を引き起こす原因となると知り、そこから時間を見つけては歩く習慣を取り入れるようにしました。といっても、いきなり毎日1万歩など大きな目標を立てると、挫折をしてしまう原因となります。そのため、無理をしない範囲のウォーキングとなりますが、意識的に出かける機会を作るようにしました。

歩く機会を増やして、感じたのがこれまでの運動不足です。最初は、ちょっとした距離でも疲れてしまうことがあったのですが、2日から3日に1度でも積極的に歩く機会を作ったおかげか、前よりも疲れやすさを感じることが減りました。さらに、歩いた日は早い時間に眠くなるため、睡眠的な面でも少し健康になったように感じます。

便秘に関しては、急激な変化を感じるということはなかったです。ただ、全く何もしない状態に比べて、少しでも改善しやすい生活を意識したおかげか、ややマシになった気がします。

健康のために始めたことといえば、歩く時間を確保する位ですが、それでも全く何もしないよりはマシだと思っています。今は、時間を自由に使えない日も多いため、思うように出かけられない日も少なくありません。生活が落ち着きもう少し時間的な余裕ができたら、万歩計機能を使って一日の歩数を記録する位になれたら、もう少し健康的な生活ができるかなと思っています。